カルテを広げる

検査で原因を知る

不妊治療は多くの人が経験している問題です。しかし、現在ではその理由なども検査で多く解明されているので、化学的な療法や注意することで多くは改善することが可能になっています。

Read more

たくさんの錠剤

必要な栄養素

妊婦には不可欠な栄養素がいくつもありますが、カルシウムはその中でもとても重要とされています。カルシウムの不足は母体の身体に大きな影響を及ぼしてしますリスクがあります。

Read more

横姿の妊婦

婦人科を利用する

産婦人科は妊娠の他にも性病や不妊症治療のために訪れることができます。特に妊娠は妊婦にとって不安なことだらけですが、専門医が最後までサポートしてくれるので安心して通院することができます。

Read more

子供とお母さん

産婦人科選びの重要性

多数ある産婦人科から、信用できる病院を探すことがとても重要です。現在ではネットなどの口コミを見ることで、評判や対応なども知ることができるので活用するといいでしょう。

Read more

年配の女医

薬の服用をする

排卵誘発剤を服用することでホルモンに働きかけて妊娠しやすい身体にすることができます。不妊治療にもよく使われている方法で、人工授精や体外受精でもこの方法が行なわれています。

Read more

ストレスを無くす

置かれた聴診器

子供を望む気持ちが強く不妊治療の際に焦ってしまう人もいると思います。なかなか上手くいかなくてイライラしてしまうこともあるでしょう。不妊治療は想像していたよりも長期間になってしまう人が多いです。自分だけどうして上手くいかないのかと思う気持ちも良くわかります。しかし、それはあなただけに限ったことではありません。不妊治療はパートナーとのタイミングや排卵のサイクルなど様々なことが上手く合わなければなりません。上手くいかないことを自分のせいだと思わずに、不妊治療はそうゆうものだと思うことが大切です。悩んでストレスを抱えるよりも考え方を変えた方が気持ちが楽になります。上手にストレスを発散させることでホルモンバランスが整い結果的に妊娠に繋がります。

不妊治療は検査をするところから始まります。様々な検査を行った上で検査結果に基づき治療を受けることになります。一般的に行われる検査にはフナーテスト、腹腔鏡検査、子宮卵管造影、MRI検査などがあります。まずフナーテストは、排卵に合わせて通常通り性交渉をした後に、顕微鏡を使って体内に侵入した精子の状態や数を調べます。精子の数や運動量が基準値に達してる場合は異常なしと判断されます。腹腔鏡検査は、子宮や卵巣や卵管に異常がないかをドクターが肉眼で調べます。癒着している場合などはその治療も同時に行われることもあります。子宮卵管造影は、子宮に造影剤を入れて子宮の形や卵管につまりがないかを調べます。MRI検査は、子宮や卵巣に病気がないかを調べます。MRIは身体の断層写真が撮影できるためそれらの検査に有効的です。